美しい木の見せ方にこだわった設計と、四季を通じて快適に暮らせるソーラーサーキットの技術で家族の笑顔があふれる家づくりをご提供します。

資料請求をご希望の方

断熱はバランスよく、気密と換気をセットで考えよう

さいたまで太陽に素直な設計を心掛け、性能のいい木の家を建てている昭栄建設の注文住宅 Shoei彩工房の筋野です。

 

今日はお引渡し後の登記関係の処理が完了したので、年末お引渡しをしたOB様宅へ訪問させていただきました。

ご入居からまもなく丸2ヶ月となります。

色々とありがたく、そしてうれしいお言葉をいただけました。

注文住宅の仕事をしていて本当に良かったと思う瞬間であり、これがあるから頑張れます。

 

これからもお客様と向き合い、お役に立てるよう表裏なく誠実に対応していきたいと思います。

言葉にすると薄っぺらいのですが、、、

 

そこで話に出たのが、断熱と気密と換気の話。

ちょうどメルマガのお役立ち情報で断熱・気密の資料を作っているので、改めてご説明し、なるほど!と。

断熱だけ良くてもダメ。

断熱と気密はセットで考えましょう、ということと、気密がいいから換気が思った通りに機能しますってこと。

思った通りに機能するから、より一種換気の方が熱交換ついているので寒くなく暖かいんですってこと。

 

この話は、僕とお会いいただいたお客様は初回か2回目に必ず聞いていると思います。

セーター何枚着ても風が吹くと寒いですよね、それって断熱だけいい家と一緒ですとか。

 

それと一緒で、断熱も断熱材だけ良くても窓が悪いと寒いし結露します。

これは今まで樹脂サッシの露点温度と室内温度・湿度の関係でしかお伝えしていなかったので、今回メルマガ資料の為に分かりやすくお伝えする為に絵を描きました。

渾身の絵、ブログで先出ししちゃいます。

松尾先生の講座で分かりやすいなーと思っていたことを思い出し、マネしました。

上半身だけモコモコに着込んでも、半ズボンだと寒い人です。

怪しさ全開ですが、言いたいことは伝わると思っています。

 

これじゃ断熱のバランスが悪い、長ズボンを履きましょう。

って事で、短パン=窓、弱いところの断熱性能を高めましょうって話。

 

断熱と気密の話、ご興味あればPDF資料をメールでお送りいたしますのでお気軽に声掛けてください!

 

さいたまで注文住宅を建てるなら shoei彩工房

1日1回、みなさまのクリックで順位が上がります!

それが更新の励みです・・・m(_ _)m

ぽちっとお願いいたします!


一戸建てランキング

★インスタグラムはじめました、フォローおねがいします★

【Shoei彩工房公式】 Instagram

★facebookやっています、いいね!おねがいします★

【Shoei彩工房公式】 facebookページ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

11 − 5 =

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930 
ホーム > 家づくり > 断熱はバランスよく、気密と換気をセットで考えよう
資料請求 | Shoei彩工房 資料請求はこちら
電話お問い合わせ | Shoei彩工房 電話で問い合わせる
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。