さいたま市の注文住宅専門会社【Shoei 彩工房】

資料請求をご希望の方

床下エアコンと大きな吹抜けがある木の家

建築知識ビルダーズの雑誌を見て、遠く沖縄からお問合せをいただいたのが家づくりのはじまりでした。

建築知識ビルダーズ掲載の記事はこちら

そして完成したのが、床下エアコンと大きな吹抜けがある木の家です。

 

2023年11月のお引渡し後、冬の暖かさにIさまにも大変お喜びいただいており、実施設計スタッフと現場が多くの時間を費やして検討したことが報われました。

冬の日射を取り込み、夏の日射を遮る太陽に素直な設計で隣棟間隔を検討したプランニング手法で、Ua値は0.42W/㎡・KでHEAT20G2グレードを上回る設計値とし、現場の施工ではC値0.3c㎡/㎡を実測しました。

許容応力度計算による耐震等級3を取得+制震装置を搭載し、木のぬくもりあふれる安心・安全の住まいとなっております。

 

地震に強く、高気密高断熱の床下エアコンと大きな吹抜けのある木の家、ぜひ最後までご覧ください。

床下エアコンの家のご相談・お問合せはこちらから

 

1.【外観】

片流れ屋根が印象的なシンプルな外観形状とし、南側には冬の日射をたくさん取り込めるように大きな開口部を設計しました。

バルコニーがないので、1階の掃き出しサッシには造作庇をつけて、夏の日射遮蔽対策としています。

吹抜けの大きな窓は、室内側にハニカムシェードを設置して日射遮蔽します。

玄関庇は薄く仕上げて、シャープに納まりました。

軒天は木目とし、玄関ドアと相まって良いアクセントになりました。

 

2.【玄関】

玄関と階段を絡めてゾーニングし、広がり感を出せるように階段を一部スリット形状とアイアン手摺で納めました。

とても軽やかな印象となり、視線も抜けて広く感じます。

プラン+実施設計+現場と自社一貫体制だからこそ、それぞれのポジションでどうしたらもっと良くなるかと考えて、形になったと思っています。

玄関廻りの収納スペースもたくさんとってありますので、玄関がモノであふれることもなさそうですね。

 

3.【日差したっぷり降り注ぐリビング】

撮影したのは冬至の1ヵ月ちょっと前。

こちらは太陽に素直な設計で検討した初回プランのスケッチです。

冬至の南中時で影の落ち方を検討しています、冬至頃はリビングの手前側に南側の建物の影が落ちるかもしれませんが、9時から16時までの間で最大2時間程度のものでしょう。

 

杉の無垢床が太陽の力でほっこりあたたかく、とても気持ちの良いリビング空間。

大きな吹抜けもあって、とても開放的です。

吹抜けのアイアン手摺と、照明器具とダクトレールのブラックが空間に良いアクセントをあたえ、木の質感と調和していてとても素敵ですね。

 

冬のメイン暖房は床下エアコン。

リビングから吹き出し、玄関・洗面所まで床暖房をしているように足元が暖かく、エアコンの風を感じずとても快適です。

将来エアコン交換の際に、メンテナンスしやすいようにルーバーや天板は外れるように細工がしてあります。

 

吹き出し口も、木製スリットにすることで一体感があって良いですね!

 

吹抜けの窓は、景色を切り取る絵画です。

夜は星空やお月さまも見えて、とても良い景色だそうです(ご主人さまが嬉しそうに話してくれました)

 

6帖ほどの大きな吹抜けがあっても、気密性能が良いので暖まった空気は上昇しても家の中から逃げません。

上昇した暖かい空気が家の中から逃げないので、温度差換気の要領で下から冷たい空気が入ってくることもなく、吹抜けと階段室で空気が対流して家の温度差がなくなっていきます。

冬暖かい家づくりには、断熱性能だけではなく気密性能もしっかり造ることがとても大切です。

 

床は杉の無垢床、天井はシナベニヤ目透かし張りと、木のぬくもりとちょうど良い木視率で、ゆったり過ごせるリビング空間となりました。

 

4.【1段あがりの畳スペース】

リビングの隣にある畳スペースは、床から30cm上げて造りました。

構造と意匠を兼ねる桧無垢の柱が印象的、框もすっきり納まっています。

3つの引出しも大工の手を活かした造作収納、彩工房の家づくりらしさだと思っています。

 

吹抜けの窓から落ちてくる太陽光は、時間と共に角度を変えて室内に光と影を描いてくれて、とてもいいものです。

 

5.【キッチン側から見る】

キッチンからはリビング、ダイニングスペースと畳スペース全てが見渡せます。

どこにいても家族と視線がつながるLDKになるよう、プランの段階で特に意識しています。

同じ空間にいて、つかず離れずの距離感で居心地よく過ごせる家になるよう、奥様と一緒に考えました。

 

キッチンの奥にはパントリーを配置。

雑多とした収納スペースになるであろうパントリーは、リビング空間から視線の届かないように配慮しました。

 

6.【吹抜けに面した2階フリースペース】

アイアン手摺とシナベニヤ目透かし張りの天井、視線の抜ける開口部と、とても居心地の良さそうな場所ができました。

居心地の良い場所が家の色々なところにちりばめられている家は、住んでいてとても豊かに暮らせます。

お施主様支給の壁付けランプも、とてもおしゃれですね。

 

7.【水廻りスペース】

縦スリットガラスに、アクセントクロス壁面に間接照明と造作カウンターを施したトイレ空間。

タンクレスの便器も相まって、とてもすっきりとした印象のトイレ空間となりました。

 

洗面脱衣室には、フロートタイプのシンプルな洗面化粧台と、室内物干しを設置。

将来ガス乾燥機の幹太くんが設置出来るように、洗濯機の上にガス管を持ってきています。

今だけではなく、先のことも考えて備えておけるのが注文住宅の魅力のひとつです。

 

1ヵ月訪問で確認させていただいたのですが、床下エアコンの暖気が脱衣室まで廻っていて床面温度が22~23℃程度ありました。

ひんやりする感覚はなくて、これなら冬の入浴も安心ですね。

 

8.【こだわりの逸品】

玄関ホールに設置した、こちらもお施主様支給の照明器具(千sen)です。

シンプルな形状で、光と影がとても素敵でしっとりとした玄関ホールとなりました。

 

物件データ

所在地:埼玉県さいたま市

建物面積:1階/59.62㎡ 2階/49.68㎡ 延べ109.30㎡(33.06坪) ※小屋裏12.42㎡

敷地面積:198.19㎡(59.95坪)

建築年月:2023年11月

 

床下エアコンの家を検討してみたいとお考えの方、下記よりお問合せください。

プランのご相談賜ります!

昭栄建設の注文住宅・Shoei彩工房の家づくり標準仕様

断熱性能:UA値0.46W/m2・K以下

※HERT20G2グレードをクリアする設計

気密性能:C値1.0cm2/m2以下

※自社気密測定器で実測します

耐震等級:許容応力度計算による耐震等級3取得

昭栄建設グループ・会社概要はこちら

社員大工による安心の家づくりについてはこちら

 

外部リンクはこちら 

Shoei彩工房googleビジネス

Shoei彩工房 instagram


Shoei彩工房へのご連絡はこちら

  • まずはどんな会社か知りたい方
    資料請求 手づくり情報誌「SHOEIみその通信」
  • 実際の建物や会社の雰囲気を見てみたい方
    イベント一覧 ソーラーサーキット体感モデルハウス
  • 具体的に聞きたいことがある お問い合わせ
  • じっくり家づくりについて学びたい方 家づくりの勉強本プレゼント
> 建築事例 > 埼玉県さいたま市 > 床下エアコンと大きな吹抜けがある木の家
資料請求 | Shoei彩工房 資料請求はこちら
電話お問い合わせ | Shoei彩工房 電話で問い合わせる